ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
修士論文タイトル・梗概

◇2019年度
都市間道路の途絶・復旧・整備の統合評価に関する研究
 ~和歌山県を対象として~

土地・住宅市場の実態と交通運賃を考慮した都市内交通
 整備評価のための都市モデル

高度経済成長期以降の日本における社会資本のストック
 効果の再検証

北陸新幹線延伸開業による地域経済への影響分析
 ~企業の新規立地・撤退を考慮に入れて~


◇2018年度
地域間交流人口及び都市化の経済を考慮した中央新幹線
 整備の地域経済効果


◇2017年度
空家・空地の発生予測と外部効果を考慮した利活用の
 検討

立地適正化計画に基づく居住誘導施策が都市内人口分布
 に及ぼす影響分析

地方部における高速鉄道・高速道路整備の地域経済効果
 計測手法の開発


◇2016年度
圏央道整備と沿線の大型物流施設立地による物流コスト
 削減効果と地域経済効果

栃木県宇都宮市におけるLRT整備の都市内人口分布
 への長期的影響を考慮した費用便益分析


◇2015年度
水害リスク軽減対策評価のための都市内人口分布推計
 モデル

賃貸住宅団地活性化のための生活満足度分析

◇2014年度
人口減少都市における公営賃貸住宅団地の集約化の
 評価手法


◇2013年度
都市間交通整備の地域経済効果計測のための動学モデル
郊外部住民の生活満足度の要因分析
 -千葉県船橋市を対象として-


◇2011年度
都市郊外部の人口減少地区における団地集約のあり方
商業地の魅力を考慮した購買地選択行動モデル
 -首都圏都心縁辺部を事例として-



フッターイメージ