ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
卒業論文タイトル・梗概

◇2016年度
中央新幹線整備が沿線都市圏の人口及び地域経済に
 及ぼす影響

羽田空港アクセス線の整備による首都圏および北関東
 3県の経済効果分析

津波・洪水対策を考慮したコンパクトシティ施策が
 都市内人口分布に与える影響分析
 -愛知県豊橋市を対象として-

首都圏における災害リスクを考慮した転居先地域選択
 モデル

町丁目単位での空き家の発生予測手法の開発と
 千葉県習志野市における将来推計

賃貸住宅団地住民の健康感・幸福感の評価
 -千葉県4団地を対象として-


◇2015年度
観光行動変化の実態を踏まえた新幹線整備の地域
 経済効果計測 -北陸新幹線を対象として-

圏央道整備に伴う貨物車交通の所要時間短縮による
 地域経済効果の計測

中都市における交通整備評価のための応用都市経済
 モデル
 -宇都宮市LRT整備による人口分布への影響分析-

公営賃貸住宅団地の将来需要予測と集約化の検討
離島における生活満足度・地域愛着度と定住意識の
 関連性


◇2014年度
東京都市圏における環状道路整備が物流施設立地
 および地域経済に及ぼす影響

高速鉄道整備による観光行動と地域経済への影響分析
大規模地震による液状化とその対策の評価のための
 応用都市経済モデル

木造密集市街地における生活満足度・地域愛着度
 ・幸福度の実態と要因分析
 -東京都墨田区京島を対象として-


◇2013年度
地方部における新幹線整備の効果計測モデル
人口減少下における最適な都市構造に関する研究
 -千葉県船橋市を対象として-

都市郊外部における住民の生活満足度の要因分析
スマートフォン用アプリを用いた商店街活性化
 に関する研究

大規模地震による液状化が地価および人口移動
 に及ぼす時系列的な影響


◇2012年度
交通網整備の効果計測のための動学的均衡モデル
都市郊外部における団地建て替えのあり方に関する研究
商店街活性化のためのスマートフォン用アプリの開発
スマート・シティ開発の効果に関する研究

◇2011年度
東日本大震災によるロジスティクスへの影響の実態分析
東日本大震災による高速交通施設被害の地域経済への
 影響分析

サーチ理論を応用した買い物地域選択モデル
脳波測定装置を用いたドライバーの運転性向上のための
 道路景観・環境評価手法

部門横断型都市政策検討のためのQOL評価手法の開発
農山村地域における集落の集約化に関する研究

◇2010年度
高速鉄道整備による地域活性化・衰退化分析のための
 準動学SCGEモデル

首都圏縁辺部における拠点地区の魅力度評価に関する
 研究

都市郊外部の人口減少地区からの撤退の最適タイミング
脳波測定装置を用いた都市緑化の評価手法
都市部と農漁村部におけるQOL評価指標

◇2009年度
限界集落におけるインフラ維持管理・更新の妥当性
 に関する研究

脳神経科学を活用した都市景観評価手法の開発
高速道路料金の値下げ・無料化が地域の生産性及び
 人口移動に及ぼす影響

アウトレットモール等の新型SCと中心市街地間の
 買い物地域選択行動分析

歴史的町並み整備が観光地選択に及ぼす影響

◇2008年度
建築ストックのコンバージョン推進策の評価に関する
 研究

金銭的・非金銭的要因を考慮した同時決定型人口移動
 モデル

中規模都市中心市街地における商店街の衰退化
 ・活性化の要因分析

東京大都市圏における鉄道整備による沿線地価への
 時系列的影響

中心市街地における色彩計画の評価
歴史的町並み景観が観光需要に及ぼす影響

◇2007年度
高速交通整備が商業立地及び商圏変化に及ぼす影響
日本型路地の価値に関する研究
航空貨物施設の立地特性分析
都市内交通における車窓景観評価に関する研究

フッターイメージ